住宅の骨組み『スケルトン』

住宅の骨組み『スケルトン』

資産価値を守る家にするために

 

日本の家は、30年ほどで価値がなくなるという話をよく聞かされます。

でも、建築後100年以上経った家も、まだまだたくさん残されていて、

古民家再生で生き返る家も少なくありません。

逆に古い家ほど立派な骨組みがあり、

改装して新しい家に負けない快適さを実現できます。

スケルトンといわれる住宅の骨組みについて考えてみましょう。

 

骨組みの価格

 

突然ですが、2500万円ほどの家を建てるとして、

骨格である柱や梁などの木材に、

どれくらいのコストがかかっていると思いますか。

 

家を建てるのには骨組みの他にも、

壁の仕上げや、キッチンや浴室などの設備機器を設置しなければ

住めるまでの空間になりません。

大規模な改修工事などでは、骨組みだけを残して

すべてをやりかえることも珍しくありません。

 

それだけ骨組みは建物の主要部分でもあり、

間違いなくすべての部材の中で

最も長持ちする材料であるはずです。

コストを考えれば、おおよそ半分近くのコストがかかっていると

想像しても普通であると思います。

 

建設費用の事例として、公開されている工事価格の内訳を見ると、

具体的な価格が見えて来ます。

延べ床面積35坪ほどで、約2,570万円の家の工事費内訳です。

 

この中で、骨組みである柱や梁にかけられている費用は116万円です。

金額にしてみると、全体の5%にもなりません。

坪単価として換算してみると、3万3千円/坪ほどが、

家の主体となる骨組みの木材の価格ということです。

その他に面板や羽柄材を全部合わせても

使っている木材の量は17㎡ほどで、

総額217万円、8%ほどです。

 

この柱や梁の上に、床や壁が作られ、

すべての部材が積載されていると思うと、

意外に安いと思う人も少なくないのではないでしょうか。

外壁や内装工事の方がずっと高く、

さらに給排水設備工事費は3倍にもなります。

 

こうした骨組みに使われる木材の価格は、

国産材とかの産地や樹種、

そして無節といった木材のグレード、

さらに木材の乾燥率などによって違います。

でも、多くの場合は建設会社に任されていることがほとんどで、

施主が指定することは珍しいことです。

 

その上、たとえば高級住宅であっても、

骨組みの木材量が大きく変わるわけではありません。

その上多くの場合は、骨組みの木材をくみ上げて

内外装の工事を済ませれば、

見えなくなり知らないままになってしまいます。

 

また、大手メーカーの木造住宅では、

供給を安定させるために、

世界的に流通しているホワイトウッドなどの

外材を使うことが多くなります。

これらの材は比較的安価な材である上、

さらに大量に買いつけることでコストを下げています。

 

そのように考えると、

本来は最も資産価値として残される骨組みに、

大事なコストをかけていないということになってしまいます。

ですから、工事費の見積書を見る時には、

木材の種類やグレード、そして乾燥率を確認しておくことが大事です。

このポイントに絞り込んで比較してみるだけでも、

建設会社の判断のポイントになるはずです。

 

そして、できれば建築現場を見せてもらうことです。

工事途中でなければ、

骨組みをしっかりみることはできません。

決して白くてきれいに見える木材が、良いとは限りません。

 

古民家再生

 

建設現場以外に、木造建築の骨組みを見ることができるのは社寺や古民家です。

現しといわれて、これらの建物では骨組みが表に見えています。

 

現代の住宅の骨組みと見比べてみると、

柱や梁にはとても立派な木材が使われています。

今の時代にこれだけの木材を揃えようと思えば、

相当の費用をかけなければなりません。

それだけでも価値はありそうです。

 

実際に古民家が解体されると、

使われていた木材は価値のある古材として

流通することもあります。

 

だからこそ、解体しないで古民家を再生して利用することを願う人もいて、

生まれ変わっている古民家も多くあります。

現実に同じレベルでの木材を揃えて

再建築する手間と費用を考えても、

さらに歳月をかけて乾燥し深みを増したことも価値の創造と考えても、

簡単に手に入るものでもありません。

 

こうした古民家の再生に対して、

忘れてはならないポイントがあります。

それは古民家の多くが、

意外にも単純な構造になっていることです。

 

現代の一般大工にはできないような、

木構造の技術の粋を集めて作られていることは

間違いないのですが、

逆に躯体の解析や設計スキルは拙かったので、

平面的には規則正しく柱を並べて、

極力単純につくられています。

 

このような建物の建て方は、

間面記法」と呼ばれ、

現代の○LDKと同じように、

○間○面で建物の概要を表しています。

京都の有名な三十三間堂は、

柱を34本並べて柱間の数が33間ある細長い建物である堂という意味です。

家を建てる時も、その間面で依頼すれば、

建物の規模がわかり、さらには用途も察しがつきました。

 

このように単純な間面記法のつくりでできているだけに、

柱や梁を大事にさえすれば、

間仕切りや設備機器を並べるのは自由にして

現代流の住み方に改修して再生できるのです。

マンションのフルリフォームのようなものです。

もちろん現代流のインテリアデザインにすることも可能です。

 

逆に細かい柱をたくさん立ててしまうと、

改修してデザインし直すことは難しくなります。

永く資産価値を確保するために、

こうした柱や梁の骨組みを想定して設計することがポイントです。

 

スケルトンとインフィル

 

長く使えるための骨組みをしっかり考えて、

時代に合わせた回収を進めてゆくために、

建築の世界で使われている言葉が、

スケルトン・インフィルです。

これまで書いてきた住宅の骨組みがスケルトンであり、

使う人によって、あるいは時代によって

回収する間仕切りや設備機器などをインフィルと呼びます。

 

小中学校の理科室にあった骨格見本を、

スケルトンと呼んでいることを思い出せば、

骨組みを表していることは想像しやすいかもしれません。

インフィルは聞きなれない言葉ですが、

その対となっているもので、

骨組み以外はすべてインフィルと考えれば良いでしょう。

住宅では、設備部品や内装材、

さらには生活のために揃えられる家具もインフィルの一部です。

 

スケルトンがしっかりしていれば、

内装や家具を変えながら長期にわたって住み継ぐことができます。

持続可能で長持ちする家を考える時には、

このスケルトンとインフィルを区分して考えます。

 

さらに、仕上げや設備機器などの比較的寿命が短い物をインフィルとし、

逆に長く持たせるものをスケルトンと考えても良いかもしれません。

当然、構造強度や断熱性などの性能も

スケルトンと考えることが多いようです。

 

ただ、古民家が再生改修されるのには、

現代生活に合わせた設備機器が設置され、

インテリアを変えるのはもちろんですが、

耐震補強と、しっかりとした断熱材を充填して、

住環境を整えることも行われます。

つまり性能もインフィルになりえます。

戸建住宅のスケルトンは、本来の意味通り、

木材の柱や梁といった骨格そのものを

指していると思った方が良さそうです。

 

家は、柱がなければ建ち上がらず、

梁がなければ2階の床や屋根が掛からないことは、

誰でも想像ができることだと思います。

このスケルトンがあって初めて空間が確保され、

さまざまな使い勝手やデザインの検討ができるのです。

 

住宅のスケルトンをよく知れば、

理想的な設計もわかり、

最初にあげた骨組みの価格の価値もわかるようになります。

 

環境貢献と資産価値

 

住宅のインフィルである仕上げ材や設備機器などは、

年数を経るごとに損傷や故障が増え価値が低下します。

だからこそ、メンテナンスに加えて、

時には入れ替えも必要です。

 

しかし、スケルトンに使われている木材は、

基本的には100年以上の耐久性があると考えられています。

現実に、木造でも一千年を超えて残されている建築物があります。

 

それ以上に、木材をしっかりと長く使うことは、

地球環境にも貢献できることです。

 

住宅のスケルトンとして使用できるまで樹木が生長するのには、

通常40年~60年はかかります。

よく知られている通り、樹木は光合成によって

空気中のCO₂を集めて生長しています。

その生長期間よりも短く使い捨ててしまうことになれば、

環境破壊となりかねません。

 

さらに、生長した樹木をすべて使い切っているわけではありません。

丸太の中から端材を切り落として、

四角い木材として使用しています。

こうして刻んで燃やしてしまっている分を計算に入れると、

少なくとも100年は使用する必要があります。

木材というのは、それほどに貴重な地球の資源なのです。

 

それに加えて、木材の供給には原生林などの違法伐採の問題も抱えています。

地球環境の保全などを考えれば、

これまで以上に、木材は資源として

貴重なものとなる可能性は高いといえます。

 

木材が不足して高価なものとなれば、

さらに木造住宅を新築することは

難しくなるかもしれません。

その時は、住宅のスケルトンは、

まさに資産としての価値そのものとして

考えられるようになるのではないでしょうか。

 

最初は単なる建築費の内訳書でしかありませんでしたが、

スケルトンである木材の価値に着目すると、

大きなテーマが隠されていることに気づかされます。

家のスケルトンである材木の価値を知り、

大切にしてゆくことは、

結果的に地震の資産を守ることにもつながっているのです。

・住まいに関する疑問質問、お悩み

・この記事について…どんなことでもお気軽にどうぞ!

メール問合せ

電話 0120-698-388

FAX 0120-037-899

24時間留守録対応 折り返しご連絡いたします