ツーバイフォー新築時に注意すべき3つのポイント

ツーバイフォー新築時に注意すべき3つのポイント

 

 

ツーバイフォーも、広い意味では木造住宅です。

 

ツーバイフォーの特性とメリット

日本古来の木造住宅は、

柱や梁の組み合わせで作りますが、

それに対してツーバイフォーは、

比較的細い柱と合板で作ります。

 

アメリカではスタンダードな建て方になります。

さすがに、効率を重んじるアメリカだけに、

木材の寸法は、

かなり合理化されていて数も少ないです。

種類が少ない、ってことですね。

 

杭やボルトの金具に至るまで、

部品のすべてが圧倒的に少ないです。

 

その部品=コンポーネンツの組み合わせで作っていきます。

「工数」と呼ばれる工事の数も合理化されています。

 

そのため、コストも、

日本の在来住宅に比べると、

15%程度かな、安くなるようです。

ま、安くなるから安物の家というわけではなくて、

完成直後の強さは日本の家より優れています。

特に、台風などの横風とか、

地震の揺れにも強さを発揮しています。

 

ツーバイフォーのデメリット

残念ながら難点もあります。

難点は、全ての部材が力を補い合ってできている、

「モノコック」という構造なので、

完成後の間取り変更が

ちょっと難しいかな、というところにあります。

 

その辺りが、

融通無碍の日本古来と違うところです。

 

もう一つの難点が、

湿気に弱いっていうところです。

 

「構造用合板」というベニヤ板で囲ってしまうのですが、

ベニヤ板自体が湿気に弱く、

湿度の高いところでは腐ったり、

カビが発生してしまいます。

 

この湿気対策が、

ツーバイフォーではもっとも注意を要するところだと思います。

 

私たちは、湿気対策に様々な工夫を凝らしています。

 

例えば「エア断工法」という、

特許工法もその一つです。

珪藻頁岩(けいそうけつがん)の利用もその一つです。

 

さて、もう一つの問題が、

『音』の問題です。

 

ツーバイフォーは、

ベニヤでガッチリした箱を作るような感じですので、

室内の音が反響しやすい、という欠点があります。

 

まとめ

以上、

・将来のリフォーム

・湿気対策

・反響音

この三つをしっかり考えて、

工事を進めてください。

 

あなたの住まいに対する疑問に答えていきます。

 

ご質問は、コチラからお気軽にどうぞ!

新潟県上越市(株) アスカ創建の家 

 

ありがとうございました。