ニルバの知恵袋

目地を見ると仕事力がわかる

日本の住宅の相当な部分はサイデイングです。
サイデイングは工場生産の大判のボードを外壁用として現場で組み立てます。
以前の外壁は荒壁の上から下地材の板を貼って金網(ラス)を貼り、その上にモルタルを
塗っていたものです。
現場施工が多く左官屋さんの技術力が仕上がりを左右したり、この工法の宿命ともいえる
クラック(ひび割れ)が問題だったりします。

モルタルに亀裂が入り補修している外壁
モルタルに亀裂が入り補修している外壁

このモルタルに雨水対策として塗料を塗るケースが多かったのですが、これらの工法・仕上に代わってサイデイングが大半を占めるようになってきました。

サイデイングは大手ハウスメーカーや分譲住宅では全棟といっていいほどのシェアーを占めています。
サイデイングの主流派は窯土系です。
タイル調や塗壁調など種類も色も多彩です。
精工にプレスしてあり遠目には本物のタイルや石張りに見えます。

その大判のボードを貼って仕上げていくわけですがボードとボードのつなぎ目(目地)には
コーキング材を充填して雨水の侵入を防ぎます。

サイデイングのジョイント(つなぎ目)にコーキング
サイデイングのジョイント(つなぎ目)にコーキング

 

コーキング材は残念ながら紫外線に弱く、およそ5~6年で劣化してしまいます。

コーキング材が劣化・硬化して口を開けたサイデイング
コーキング材が劣化・硬化して口を開けたサイデイング

今ではつなぎ目(目地)のコーキング材が表面に洗わない工法(引っかけ金物)も開発され
少し高価になるようですが普及しています。

いずれにしろ遠目にはともかく近くで見ると目地(つなぎ目)が見えてしまいます。

この目地の処理の仕方で、その会社の技術力がわかる、という記事が『おうちの話』139号に掲載されています。
『おうちの話』は一般社団法人住まい文化研究会社が毎月2回発行してされている新聞です。
目地の処理の仕方などは確かに目立たない個所です。
そんな目につきにくい個所だからこそ、丁寧な仕事をしているかの施工力を問われる訳ですね。
発行人の石川先生の慧眼に脱帽です。
おうちの話のバックナンバーを揃えています。
書籍にもなっていますので新築やリフォーム予定の方には購読をお勧めします

単行本
単行本

 

▲ ページトップ