お知らせ・コラム

住宅と相続税

おうちの話 NO.122.

住宅と相続税-見えてきた新相続税

・2015年1月1日より大きく改正された
 相続税につて、新しい税制下での相続の
 実情が2016年12月15日に発表され
 ました。
 小さなニュースとしてしか流れていませんが
 大きな影響があります。

・相続税といえば、これまでは資産家が対象。
 その所有する土地対策としてアパート建設が
 主流だった気がします。
 でも新税制下では一般の家庭にも広がります。

・相続税を払う必要になった対象者が増えて
 います。
 その家屋の評価額の平均は350万円です。
 決して豪邸や新築に住んでいる人だけでは
 ありません。

・小規模宅地の特例という創造税法上の特典が
 ありますが子供が家を手に入れることで親の
 土地の評価が下がらないことに注意すべきです。

 おうちのはなしバックナンバーはコチラ➡ BC

https://www.amazon.co.jp/おうちのはなし-石川新治/dp/4766785223/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1513239024&sr=8-1&keywords=%E3%81%8A%E3%81%86%E3%81%A1%E3%81%AE%E3%81%AF%E3%81%AA%E3%81%97

▲ ページトップ