お知らせ・コラム

借りるのが得か、建てるのが得か?

おうちの話 NO.114

  借りるのが得か、建てるのが得か?

・住宅業界の業績は、空家率が高いにも関わらず、
 貸家がたくさん建てられています。
 貸家の多くは大手のハウスメーカーで、商売が
 優先されています。

・反面、家を新築する動機は、家賃がもったいない
 のが一番です。
 借りるのが得か、建てるのが得かという話には
 家賃の先行きを明らかにすることです。

・加えて、日本の貸家事情が国際的にもレベルが
 低いことを鑑みると、豊かな生活を実現する
 ためには、レベルの高い・居住面積の広い
 そして性能の良い貸家が求められますが
 実現性は可成り低いのが実情です。

・雑誌などでは『家を建てるより貸家のほうがよい』
 という論調の記述もありますが、その基本は
 持ち家が財産価値を失うことに尽きます。
 家の価値を高めるような暮らし方を実施して
 いきたいものですね。

この本も参考になります。

建替え読本
建替え読本

 

 おうちのはなしバックナンバーはコチラ➡ BC

https://www.amazon.co.jp/おうちのはなし-石川新治/dp/4766785223/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1513239024&sr=8-1&keywords=%E3%81%8A%E3%81%86%E3%81%A1%E3%81%AE%E3%81%AF%E3%81%AA%E3%81%97

 

▲ ページトップ