お知らせ・コラム

紫外線・赤外線

おうちの話 NO.113 

紫外線・赤外線-良い光と悪い光

・家に影響を与える電磁波
・紫外線の益と害
・木材と紫外線・赤外線

平成25年の省エネ基準ではQ値やC値がなくなり、
UA値とnA値になりました。
外皮平均熱還流率(UA値)は寒冷地に厳しくなり、
平均日射取得率(nA値)は温暖地に厳しくなりました。

日射所得率は、窓以外の壁からも入ることが想定
されています。
熱還流率に連動していますが、3.4%分は断熱では
なく日射として熱が入るものと考えます。

光は電磁波と一緒ですが、さまざまな電磁波があります。
可視光線周辺の紫外線や赤外線は、家にも関わりが深い
ものです。
特に木材の反射率の特性は遠赤外線に関係します。

木の家には温かみを感じます。

木材は刺激の強い紫外線を吸収し、温かみを感じる
遠赤外線は反射して室内にあふれています。
木材の光に対する特性を活かして、快適な室内空間を
つくりたいものです。

遠赤外線(輻射熱冷暖房)関連はこちらのページ。

 おうちのはなしバックナンバーはコチラ➡ BC

https://www.amazon.co.jp/おうちのはなし-石川新治/dp/4766785223/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1513239024&sr=8-1&keywords=%E3%81%8A%E3%81%86%E3%81%A1%E3%81%AE%E3%81%AF%E3%81%AA%E3%81%97

▲ ページトップ