ニルバの暮らし

伝統工法の家

大工さんの技術力が随所に光る伝統工法の家は本来の『木造軸組工法』といえるでしょう。

力強い柱、梁。その軸を組み合わせる伝統工法は、今や希少価値かもしれません。

ニルバホームのスーパー・バージョンです。

D11-32-1123二階リビング

山に入り樹木を選ぶことから始まる『手刻みの家』
熟練の大工さんが、この木は柱に向いている、この木は梁に使おうnあどと選定します。
圧巻は丸太のままの木を皮をむき墨付けと呼ばれる作業に入ってからです。
墨付けをする大工さんの頭の中は、既に立体的な構造が描かれているのでしょうね。

ノミでホゾ加工した丸太をチョウナとよばれる刃物で殴り彫りを施していきます

栃木県那須塩原 (有)人見工務店の家
栃木県那須塩原 (有)人見工務店の家

 

A63-32-1114

B28-3-100
A77-4-013
D7-18-003

囲炉裏伝統2

伝統工法1

A伝統31

1

▲ ページトップ