ニルバの自慢

自然素材だけで結露しない工夫をしています。

結露は見るだけでも嫌なものですね。

冬場の窓ガラスの結露だけでなく

壁体内の結露にも要注意!

宇宙以外の空中には湿気(水)が存在しています。

温泉やお風呂から出る湯気状態は水の割合が100%。

砂漠の熱風状態でもゼロ%ではありません。

私たち人間には水はなくてはならないものの一つですね。

体の60%は水だといわれています。

でも快適な空中の水の量は(水分の割合=湿度)
どの程度が理想なのでしょうか?

一般に快適湿度(相対湿度)は40~60%といわれています。

(グラフの水色部分)

相対湿度と微生物等との相関図

相対湿度が30%以下になるとバクテリアやビールス菌が活発になります。

(グラフ左側)

冬場に風邪をひきやすいのは喉の粘膜が乾燥し活発化した
風邪ウイルス菌への対抗性が低下するからだと、いわれています。

インフルエンザ予防2

アレルギー性の鼻炎も鼻の粘膜が乾燥して活発化した
ウイルス菌に対する抵抗力の低下が主な原因といわれています。

一方、相対湿度が60%を超すとダニが活動を始め、
70%を超すとカビが発生しやすくなります。

(グラフの右側)

カビもダニも(そしてシロアリも)遠慮したい生物ですよね。

まして湿度が70%以上になると再びバクテリアやウイルスが
活動を盛んにしてきます。

遠慮したい微生物の繁殖を防ぎ、私たちが快適に過ごせる
湿度50~60%に自然素材だけで、年中コントロールする
仕組みが【ニルバホーム】には用意されています。

 

ええ、よくある機械でのコントロールではありません。

だから電気代もダクトも不要です。

新潟県上越市(株) アスカ創建の家
新潟県上越市(株) アスカ創建の家

トイレに健康珪藻土【ナテユール】塗壁の実例です。

▲ ページトップ