ニルバの自慢

セルロースファイバーの防錆効果

セルロースファイバーは原料である未使用新聞紙に
『ホウ素』『ホウ砂』を混入して不燃性を得ています。

この『ホウ素』『ホウ砂』=いわゆるホウ酸には鉄類を
さびにくくする働きがあります。

セルロースファイバーの隠れた特長ですが鉄部分を
錆びにくくします。

これは難燃性のために付加したホウ酸の作用です。

ホウ酸が鉄部の防錆に役立つ実験をしました。

コップに水を入れて鉄釘を入れておくと1日後には錆が発生して水が濁ります。

でも、ホウ酸を入れた水の中では1ケ月経過しても赤錆が発生しません。

木造建築には釘やビス以外にも鉄部分が多く使用されます。

これらの鉄部が錆びにくくなり温度・湿気や騒音、害虫から建物を守るだけでなく
鉄錆からも守るのもセルロースファイバーの特長です。 

水道水に鉄釘を入れておくと2~3日で錆が発生し水が濁ってきます。

その水道水にホウ酸を混ぜた水溶液に入れた場合は1年経っても釘はピカピカです。

もちろん、水も透明なままです。

釘のサビ

 

住宅には様々な釘類や接続金物、耐震金物が多く使われています。

この金物を錆にくくする【防錆効果】もセルロースファイバーの隠れた特徴

・セルロースファイバーの断熱性能
・セルロースファイバーの調湿機能
・セルロースファイバーの家は静か?
・セルロースファイバーの防燃効果
・セルロースファイバーの防虫効果
・セルロースファイバーの実例
・セルロースファイバーの欠点
・セルロースファイバーだいま工事中
・セルロースファイバーの製造工場
・セルロースファイバーはホームセンターで売っている!


          【読本】請求    TOPページに戻る  
 

▲ ページトップ